手芸ひろば・工作ひろば|川越町

本文へ
サイトマップ
文字サイズ:
背景色
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

おひさま児童館

HOME >  健康・子育て・福祉 >  児童福祉 >  児童館 >  川越町おひさま児童館

おひさま児童館ブログ

手芸ひろば・工作ひろば

 

 

12月19日(木)・20日(金)「手芸ひろば・工作ひろば」

をしました。

今回の「手芸ひろば」は、”ビーズで猫ちゃん”を作りました。

細かい作業だったのですが、講師の方と一緒に少しずつ進めていったので、

時間がかかってしまいましたが、かわいい猫が2匹出来上がりました。

作品作りに集中しすぎてみんなの様子の写真を撮るのを

忘れてしまいました。ごめんなさい。

上のような猫ちゃんが出来上がり、参加した子どもたちも

喜んでいました。この猫ちゃんは、足としっぽと頭を曲げると、

4本足で立てるんです。今頃きっとどこかに飾ってもらっていると思います。

参加したくださった皆さん。講師の方、ありがとうございました。

 

20日に行った「工作ひろば」では、

”ぱたぱた板返し”というのを作りました。

こういうものです!

この日は、『おもちゃ診療所』のドクターが手伝いに来てくださって、

のこぎりを使って、細長い板を7枚の板に切り分けるところから始めました。

2人一組になり、切る人と木を押さえる人に

分かれます。どちらも真剣そのもの。

 

手を切らないように気を付けて切っています。

切り終わったら切り口をサンドペーパーで

滑らかになるようにこすります。

とてもきれいになりました。

次はいよいよカラーリボンを使って7枚の板を

つなげていきます。

1枚1枚方向を確かめながら、つなげていきました。

こんな感じで7枚つなげていきます。

途中で間違えると”ぱたぱた・・・”と板が

返っていきません。

子どもたちは、説明を聞きながら、真剣なまなざしで

取り組んでいきました。

完成した時のみんなの顔は、達成感にあふれていましたよ。

誰もけがをすることなく作ることができました。

手伝ってくださった『おもちゃ診療所』の先生方どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

2020年01月25日更新