森の広場博物館~木の実を使って飾りをつくろう~|川越町

本文へ
サイトマップ
文字サイズ:
背景色
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

つばめ児童館

HOME >  健康・子育て・福祉 >  児童福祉 >  児童館 >  川越町つばめ児童館

つばめ児童館ブログ

森の広場博物館~木の実を使って飾りをつくろう~

10月6日(土)、『森の広場博物館』~木の実を使って飾りをつくろう~を

しました。北勢町の『まちかど博物館』で『森の広場博物館』を運営している方を

講師にお招きしました。

たくさんの木の実の種類と材料を、思う存分使って

思い思いに飾りを作らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

参加したみんなは、作っていくたびにどんどんアイデアが浮かんできて、

1時間半の時間では足りないほどたくさん作っていました。

作っていく中で、切ったり削ったりしたい部分は講師の方が工具を使って

加工してくれました。

ホットボンドや木工用ボンドを使って、木の実を付けていきます。

木のぬくもりのあるすてきな作品が、たくさん出来ました。

参加してくれた子どもたちが、とても楽しそうに作っていたのが

とても印象的でした。

お家でぜひ飾ってくださいね。

講師のみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

2018年10月6日更新

レインスティックを作って演奏しよう!

9月22日(土)、『レインスティックを作って演奏しよう!』をしました。

『レインスティック』とは南アメリカにある『チリ』という国の民族楽器で、

『サボテン』を乾燥させて作ってあります。『しゃららら~』ときれいな音がするのですが、

この音が『雨』の音に似ていることから、『レインスティック』と呼ばれています。

とっても癒される音です。

この日は、ラップの芯と爪楊枝、『ペレット』というプラスチックの粒を使って作りました。

まずは芯にらせん状に爪楊枝を約80本ほど刺します。

それが一番大変な作業で1時間ほどかかりました。

中を覗くとこんな感じ・・・。

後は『ペレット』を入れ、ふたをして、マスキングテープなどで

模様をつけたら、完成です。

先生の演奏してくれるリコーダーの曲に合わせて、『レインスティック』を振って、

楽しみました。

講師のみなさんありがとうございました。

2018年10月6日更新