平成30年度国民健康保険税率の改定について|川越町

本文へ
サイトマップ
文字サイズ:
背景色
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

新着情報

HOME >  新着情報 >  町民保険課 >  平成30年度国民健康保険税率の改定について

新着情報

平成30年度国民健康保険税率の改定について

~赤字解消に向けて計画的・段階的に保険税率を見直します~

 平成30年度より、これまで県内各市町それぞれで運営されてきた国民健康保険(国保)が、三重県に設置される特別会計で一元的に財政運営されることとなりました。

 本来、国保事業に要する費用は、国や県からの補助金等を控除した額を、保険税として被保険者の皆様より徴収・確保しなければなりませんが、本町の国保財政の状況をみると、長年にわたり保険税率を据え置いてきた一方、国保事業に要する費用は増加傾向にあるため、保険税だけでは必要な額を賄うことができず、前年度繰越金や財政調整基金取崩しによる基金繰入、福祉・教育・道路整備等の行政サービスのために使う一般会計からの繰入を行い、決算補填を行っている状況(財政赤字)です。

 「三重県国民健康保険運営方針」において、財政赤字を計画的・段階的に縮減・解消を図ることが県内統一的な方針として示されていることから、本町では、赤字の縮減・解消に取り組む初年度として、平成30年度の保険税率を改定しました。

 平成30年度の国民健康保険保険税率は、広報かわごえ4月号をご覧ください。

 

2018年04月6日更新|町民保険課