川越町教育基本方針|川越町

本文へ
サイトマップ
文字サイズ:
背景色
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

教育

HOME >  教育・文化・スポーツ >  教育 >  川越町教育基本方針

川越町教育基本方針

川越町教育基本方針 川越町教育委員会は,平成22年度に,教育行政全般の指針である「教育基本方針」を策定しました。3年後の平成25年度に一部改定をし,それに基づいて,各施策を計画的に推進してきました。

 学校教育分野においては,意を土台として知・徳・体が調和し,「生きる力」「共に生きる力」を身につけた,よりよい社会の形成者となる子どもたちの育成をめざしています。

 社会教育分野においては,教育活動やその他の活動の機会を提供することで,「自ら学び」「自らを磨き」「豊かな心をそなえ」「健康な身体」を身につけた「活力あふれる人」の育成をめざしています。

 「教育基本方針」を改定し,3年が経過しましたので,取組についての成果と課題について毎年実施をしている「川越町教育委員会の点検と評価」をもとに検証するとともに,今後の方向性について議論を重ねました。
 その結果,今回の改訂は小規模にとどめ,引き続き今後3年間の指針と位置づけ,各施策を推進していくことになりました。
 これまでと同様に,意図やねらいを明確にし,具体的に行う手法として【重点とする方略】を設定し,それを軸として取組を進めます。

 学校分野では,「意欲」をすべての取組を貫くものと位置づけ,「挑戦できる場の設定」を最重点方略といたしました。とりわけ日常の授業の中で「挑戦できる場」を設定し,子どもたちの意欲や自尊感情を育む取組を実践します。また,近々の課題である学力,いじめ・不登校,防災等について更なる取組を進めていきます。

 社会教育分野では,「人づくり・まちづくり」を取組の軸として,引き続き「あいさつ・声かけ運動の推進による子育て・青少年期に関する意識改革」を,重点とする方略に設定しました。

 川越町の教育にかかわるたくさんの人たちが,本方針のもとに協働して,具体的な方略を実践していくことで,めざす姿を実現させていきます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。