幼稚園・小中学校施設の耐震診断結果及び耐震化の状況を公表します。|川越町

本文へ
サイトマップ
文字サイズ:
背景色
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

新着情報

HOME >  新着情報 >  学校教育課 >  幼稚園・小中学校施設の耐震診断結果及び耐震化の状況を公表します。

新着情報

幼稚園・小中学校施設の耐震診断結果及び耐震化の状況を公表します。

幼稚園・学校の施設は,子どもたちの学習・生活の場であり,また,小中学校においては災害時に地域住民の避難場所になるなど,大切な役割を担っています。
川越町では,建築基準法の改正(昭和56年6月)前の基準で建築された校舎・体育館について,平成9年度から耐震診断を実施し,耐震補強が必要であった全ての校舎・体育館の補強工事を平成18年度までに完了しました。
平成20年6月「地震防災対策特別措置法」が改正され,幼稚園・小中学校の校舎等について,耐震診断を実施した建物ごとに,その結果の公表が義務付けられ,前回公表した際、耐震診断が未実施であった中学校プール西側の自転車置き場について耐震診断を行いましたので、他の建物の耐震診断の結果と耐震化の状況と併せて公表します。

用語の説明

●耐震診断
建築基準法の耐震基準が昭和56年6月から現在の基準になっており,それ以降に建築された建物には,診断や補強の必要はありません。しかし,それ以前に建築された建物は,国が定めた診断基準で現況調査,構造計算及び専門家の工学的判断により安全性を診断するものです。

●Is値
建物の耐震性を表す「構造耐震指標」のことで,建物の粘り強さに形状や経年の劣化等を考慮して算出され,表中では,その最小値を表記しています。値が大きいほど耐震性が高いことを表しており,0.6以上で耐震性を満たすとされていますが,文部科学省では,学校の重要性を考慮し,Is値を0.7以上に補強するよう求めています。Is値0.3未満は大規模な地震(一般的に震度6強程度)により倒壊の危険性が高い建物とされています。

●q値
q値とは,建物の「保有水平耐力に係る指標」のことで,建物がどの程度の水平方向の力に耐えられるかを示しており,表中では,その最小値を表記しています。
値が大きいほど耐震性が高いことを表しており,1.0以上であれば建物の倒壊や崩壊の危険性が低く,1.0未満では危険性があるとされています。

●CT×SD値
CT×SD値とは,建物にある程度の強度を確保する目的での建物の形状(SD)や累積強度(CT)の指標に関する判定基準であり,表中では,その最小値を表記しています。
なお,Is値が高くてもこの値が低い場合は安全としない目安であり,CT×SD値が0.3以下ではIs値を満たしていても安全とせず,逆に1.25以上であればIs値が低くても安全とします。

耐震診断結果の公表について

2011年03月1日更新|学校教育課