一般編|川越町

本文へ
サイトマップ
文字サイズ:
背景色
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

糖尿病Q&A

HOME >  健康・子育て・福祉 >  健康・医療 >  川越診療所 >  糖尿病Q&A >  一般編

一般編

糖尿病はどのような病気ですか?
膵臓のβ細胞から分泌されるインスリンの不足や効きにくい状態になるため、血液中のブドウ糖(血糖)が正しく利用されずに血糖が高くなる病気で、1型糖尿病と2型糖尿病があります。
1型は病原体から自分の体を守る免疫作用が誤ってβ細胞を攻撃し、壊してしまうためにインスリンがほとんど分泌されなくなります。2型は日本人の糖尿病の95%を占め、遺伝+環境(過食、肥満、運動不足、ストレス 等)でインスリンの作用が低下したり、分泌が悪くなることで高血糖状態となります。遺伝因子のみでは糖尿病は発症しません。
血糖とは何ですか?
食物より得られた炭水化物(糖質)は腸で消化されブドウ糖に変えられて血液の中に入ります。
この血液中のブドウ糖を『血糖』といい、この値を『血糖値』といいます。健康な人の血糖値は日常生活の中でインスリンの作用により 60~160mg/dlの範囲に保たれています。
経口摂取された炭水化物は
糖尿病ビジュアルガイド 石井 均
インスリンとは何ですか?
血液中のブドウ糖(血糖)は細胞内でエネルギーとして利用されます。
この時ブドウ糖を全身の細胞に 取り込む役割をするのがインスリンです。
糖尿病の治療は一生涯必要ですか?
糖尿病は現代の医学ではまだ治りません。しかし、食事・運動療法を基本に必要に応じて薬物療法(経口薬・インスリン注射)をして良好に血糖コントロールを行い、合併症を予防することで健康な人と同じ日常生活を送ることができます。