運動療法|川越町

本文へ
サイトマップ
文字サイズ:
背景色
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

糖尿病Q&A

HOME >  健康・子育て・福祉 >  健康・医療 >  川越診療所 >  糖尿病Q&A >  運動療法

運動療法

運動療法を開始するにあたっては事前に必ず診察を受け、主治医と相談のうえ始めてください。
運動療法をするとどのような効果がありますか?
運動することによって血液中のブドウ糖や脂肪酸の利用が促進されて血糖値が低下します。
また、運動を続けることによりインスリンの働く効率が良くなり糖尿病に効果があります。その他にも体重の減量、高血圧や高脂血症などの改善や予防、筋力の維持、心肺機能の向上やストレス解消にも大きな効果があります。
運動の利益
糖尿病ビジュアルガイド 石井 均
どのような種類の運動が良いですか?
たまにしか行わない運動では効果が期待できないため「いつでも・どこでも・一人でも」長続きできる運動が重要です。歩行・ジョギングなどの全身運動や、膝への負担や肥満が気になる方は水中歩行が適しています。運動し慣れていない人は車から自転車での移動にする、エレベーターから階段を使用するなど身近なところから初めてみましょう。
どのくらいの時間運動したら良いですか?
歩行運動では1回15~30分間の運動を1日2回、少なくとも1週間に3日以上は行いましょう。食後の高血糖をおさえるため食後1時間位から行うのが最も効果的で1日1万歩が目標です。運動の強度としては「ややきつい」といった体感を目安にして速歩での歩行が良いでしょう。
糖尿病ビジュアルガイド 石井 均
糖尿病ビジュアルガイド 石井 均
運動療法の注意点はありますか?
  • 内服療法(主にSU薬)やインスリン治療中の方は食前の空腹時に運動を行うと低血糖を起こす危険があります。
  • 特にインスリン治療中の方は運動性低血糖が起こりやすく、運動中または直後だけでなく運動終了後十数時間後にも発生することがあるため注意してください。
  • 腰や膝の関節に痛みがある方や天候の悪い場合は、水中歩行や腰痛体操などに変更してください。
  • 脱水予防のために水かお茶で水分補給を必ずしてください。(スポーツドリンクは糖分が入っているため禁)
  • 運動療法を禁止または制限しなければならない方
    • 血糖コントロールが不良(概ね空腹時血糖値250mg/dl以上)の方や進行した合併症(眼底出血、腎不全、狭心症等)のある方
    • 足に感染(壊疽)のある方
    • 重い感覚神経障害(足に強い痛みやしびれ)のある方
    • 糖尿病性自律神経障害(起立性低血圧・安静時頻脈)のある方
運動療法をすれば食事制限をしなくても良いですか?
運動療法が糖尿病治療の全てではありません。
運動で消費できるカロリーはそれほど多くなく、その分食べてしまっては意味がありません。食事療法をキチンと守りながら運動療法を行ってください。
〔 例:ショートケーキ1個で約300kcalを摂取します。一方、ウォーキング25分でも約100kcalの消費です。〕
ショートケーキ  ウォーキング