町県民税(個人住民税)|川越町

本文へ
サイトマップ
文字サイズ:
背景色
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

町税

HOME >  くらし >  税金 >  町税 >  町県民税(個人住民税)

町県民税(個人住民税)

納税義務者

賦課期日(1月1日)現在において町内に住所を有し前年に所得がある方

申告

町県民税の申告は、毎年3月15日までに行ってください。
ただし、所得税の確定申告をした方や、給与所得者のみで「給与支払報告書(源泉徴収票)」が勤務先から当町に提出されている方は、町県民税の申告は必要ありません。

税制改正等

徴収方法

普通徴収

納税通知書によって当町から普通徴収により納税される方に通知され、年4回の納期に分けて納税していただきます。
町税納期一覧表

年金特別徴収

平成21年10月から町県民税の年金からの引き落としが始まります。
納税通知書によって当町から対象となる方に通知され、年金支給月に引き落とされます。
対象となる方は、65歳以上の年金受給者の方で、前年中の年金所得に係る住民税の納税義務のある方です。ただし、以下の方については、対象となりません。
※年金所得以外の所得(給与、不動産等)がある方
※介護保険料が年金から引き落としされていない方
※引き落とされる町県民税額が老齢基礎年金等の額を超える方 など

※平成28年度10月1日から、引き落とし開始後に町外への転出や税額の変更が発生した場合でも一定の要件の下、引き落としが継続されることになりました。

給与特別徴収

特別徴収税額通知書により当町から勤務先(以下、特別徴収義務者といいます)を通じて通知され、特別徴収義務者が毎月の給与の支払時に給与から税金を天引きして、それを納入する方法です。6月から翌年の5月まで12ヶ月に分けて徴収されます。

◇特別徴収税額の納期の特例
(地方税法第321条の5の2および町税条例第46条の2) 特別徴収義務者のうち、その事務所・事業所などで給与の支払を受ける者が常時10人未満である場合、納期の特例の承認を受けることができます。承認を受け た場合、納期は6月から11月分は12月10日に、12月分から翌年5月分については翌年6月10日になります。

事業主(給与支払者)の方へ

給与所得者の個人住民税は『特別徴収』で納税を

給与所得者の個人住民税(個人町民税+個人県民税)は、法令により、事業者が給与から特別徴収(天引き)して、給与所得者に代わって市町村に納税することになっています。

従業員の皆さまには次のようなメリットがあります

三重県と県内全市町では、個人住民税の特別徴収の徹底に取り組んでいます。すべての従業員から特別徴収を行っていない会社などは、特別徴収への切替をお願いします。
特別徴収実施のご案内チラシ

※特別徴収に関する書類は下記よりダウンロードできます。
特別徴収(追加)届出書
給与支払報告・特別徴収に係る給与所得者異動届出書記載例
特別徴収に係る給与所得者異動届(複数人用)
特別徴収義務者所在地・名称変更届出書
特別徴収額の納期の特例に関する申請書
特別徴収額の納期の特例の要件を欠いた場合の届出書

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

川越町役場 税務課 TEL 059-366-7114 お問い合わせフォーム