平成24年度以降の寄附金税額控除について|川越町

本文へ
サイトマップ
文字サイズ:
背景色
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

町県民税(個人住民税)

HOME >  くらし >  税金 >  町税 >  町県民税(個人住民税) >  平成24年度以降の寄附金税額控除について

平成24年度以降の寄附金税額控除について

平成24年度(平成23年中の寄附から適用)より寄附金税額控除の適用下限額が5千円から2千円に引き下げられます。これにより、寄附した金額から2千円を差し引いた額が寄附金税額控除の対象となる金額になります。

寄附金の種類

種類 寄附先 控除内容
ふるさと納税 地方公共団体(都道府県、市町村または特別区) 基本控除額+特例控除額
その他の寄附金 ・住民地の道府県共同募金会
・住民地の日本赤十字社支部
・三重県または川越町で指定された社会福祉法人、学校法人等(平成21年中の寄附から適用)
基本控除額

改正内容

住民税の適用年度 平成24年度以降
控除方式 税額控除方式
適用下限 2,000円
基本控除額 「寄附金-2,000円」×10%を税額控除
特例控除額 (地方公共団体に対する寄附金-2,000円)×(90%-所得税の限界税率)
町民税・県民税の所得割額の10%が限度
控除限度額 総所得金額等の30%

※所得税の限界税率とは、寄附者に適用される所得税の最高税率を言います
※3/11以降の東日本大震災に係る義援金などのうち一定のものはふるさと寄附金として、寄附金控除の対象となります。
※地方公共団体に寄附をした場合に加えて、平成23年度中に東日本大震災に関する寄附金・義援金として日本赤十字社、中央共同募金会、日本政府などに寄附をした場合が対象となります。

お問い合わせ

川越町役場 税務課 TEL 059-366-7114 お問い合わせフォーム