退職所得にかかる個人住民税の改正|川越町

本文へ
サイトマップ
文字サイズ:
背景色
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

町県民税(個人住民税)

HOME >  くらし >  税金 >  町税 >  町県民税(個人住民税) >  退職所得にかかる個人住民税の改正

退職所得にかかる個人住民税の改正

平成25年1月1日以降に支払を受ける退職所得について、退職所得にかかる住民税の 計算方法が下記のとおり変更となります。

・退職所得にかかる税額より控除していた「10%の税額控除」が廃止されます。
・勤続年数が5年以下の会社役員等(※)の退職手当等にかかる2分の1課税が廃止され ます。

※「役員等」とは次に掲げる方をいいます
ア.法人税法第2条第15項に規定する役員
イ.国会議員及び地方議会議員
ウ.国家公務員及び地方公務員

退職所得の住民税額の算出方法

(退職手当等-退職所得控除額) × 1/2 = 退職所得金額(1000円未満切捨)
退職所得金額 × 10%(県民税4%、町民税6%) = 住民税額(100円未満切捨)

※上記「役員」にあたる場合は、退職所得金額算出時の1/2が廃止されます

お問い合わせ

川越町役場 税務課 TEL 059-366-7114 お問い合わせフォーム