当新田地区・亀須地区で稲熱(いもち)が行われました!|川越町

本文へ
サイトマップ
文字サイズ:
背景色
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

教育・文化・スポーツ

HOME >  教育・文化・スポーツ > 生涯学習課 学びの小槌 >  > 当新田地区・亀須地区で稲熱(いもち)が行われました!

生涯学習課 学びの小槌

当新田地区・亀須地区で稲熱(いもち)が行われました!

7月16日(土)に当新田地区、翌週23日(土)に亀須地区にて「稲熱(いもち)」が行われました。

 

稲熱は川越町無形民俗文化財に指定されている祭りで、古くからの農業行事である「虫送り」が元になっています。

稲につく虫や病気を追い払い、駆除するために行われた行事で、かつては町内の他の地区でも行なわれていました。

 

IMGP7146

 

↑当新田地区では「たいまつ」につける御神火を起します。

 

大きな太鼓と鉦を叩きながら、区内を練り歩きます。

 

 IMGP7369

↑当新田地区

IMG_0408 IMGP7640

↑亀須地区

 

 

 

IMGP7479

↑当新田地区では、麦わらで作った「たいまつ」に御神火をつけて、子ども達が行列を作ります。

 

 

かつては、一抱えほどもある今よりずっと大きな「たいまつ」を作って、その大きさを競い合っていたといいます。

 

 

 

文化財、思ったより皆さんの身近にあるかもしれません。身近な文化財を知ることで、歴史がぐっと身近に感じられるのではないでしょうか?

2016年08月2日更新|カテゴリー: