アロマ工作~泡と香りを楽しむ入浴剤作り~|川越町

本文へ
サイトマップ
文字サイズ:
背景色
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

つばめ児童館

HOME >  健康・子育て・福祉 >  児童福祉 >  児童館 >  川越町つばめ児童館

つばめ児童館ブログ

アロマ工作~泡と香りを楽しむ入浴剤作り~

1月21日(土)

アロマ工作~泡と香りを楽しむ入浴剤作り~を行いました。

講師に来ていただき、作り方を教わりながら、お風呂に入れるとシュワシュワするバスボムを作りました。

材料は重曹、クエン酸、天然塩。

まずはこれらをよく混ぜていきます。

 

 

そこにオレンジの精油と柚子パウダーを入れます。

オレンジの精油と柚子パウダーはそれぞれ入れる時にとてもいい香りが!

子どもたちからも「うわ~、いい匂い!!」と声が上がっていました。

柚子パウダーを入れると、それまで真っ白だった粉に色がつき、よく混ざっているかどうかが見てすぐに分かるようになりました。まだ混ざっていないところをしっかりと、スプーンで下から掘り起こしながら混ぜていきました。

 

よく混ざったら、ラップの上に『カレンデュラ』というハーブを3つに分けて置き、その上に、3つに分けて置いていきました。

 

それを、おにぎりを作るときのように握って、形を作っていきます。

 

しっかりと固めるのがポイント。

握ってバスボムがしっかりと固まったら、輪ゴムを巻いて留めます。

そして、黄色いラッピング用紙で包み、リボンを結んで完成☆

この輪ゴムとリボン結びが子どもたちにとって最難関でした。

苦戦していた子もいましたが、講師や職員にお手伝いしてもらったり、お友達同士で教えあったりして、頑張っていました。 

  

きれいにラッピングしたバスボムをさらに透明な袋に入れ、袋もリボンを結んで留めました。

素敵なバスボムのギフトができましたね。

最後に先生に使い方の説明を聞いて終了。一日乾燥させて翌日から使えると聞いて、「今日すぐにお風呂に入れたい!」と言う子も多数いました。使うのを待ちきれない子どもたちの声が微笑ましかったです。「入れるとシュワシュワする」というのも「どんなだろう?」と楽しみにしている子がいました。寒いこの季節、良い香りのする入浴剤で温まってくださいね。

2023年01月28日更新