追加接種における交互接種について|川越町

本文へ
サイトマップ
文字サイズ:
背景色
  • 背景色を白に
  • 背景色を黒に
  • 背景色を青に

新型コロナウイルス
感染症

HOME >  新型コロナウイルスワクチン接種予約のご案内 >  追加接種における交互接種について

新型コロナウイルスワクチン接種予約のご案内

追加接種における交互接種について

使用するワクチンについて

追加接種では1、2回目接種に用いたワクチンの種類にかかわらず、ファイザー社又は武田/モデルナ社のワクチンのいずれかを使用することが可能です。

詳しくはこちらをご覧ください。
厚生労働省新型コロナワクチンQA 3回目使用ワクチンについて(外部サイト)
新型コロナワクチンについて皆様にしってほしいこと(厚生労働省チラシ)

副反応について

いずれのワクチンにおいても、おおむね1・2回目と同様の症状が見られました。武田/モデルナ社のワクチンについては、2回目と比べ、発熱などの症状は少ないことが報告されています。

詳しくはこちらをご覧ください。
厚生労働省新型コロナワクチンQA 3回目副反応について(外部サイト)

安全性と効果

安全性と効果については、3回目の副反応は、1・2回目と同じワクチンを接種しても、異なるワクチンを接種しても安全性の面で許容されること、抗体価が十分上昇することが確認されています。

詳しくはこちらをご覧ください。
厚生労働省新型コロナワクチンQA 3回目効果について(外部サイト)

よくあるご質問

Q.ファイザー社と武田/モデルナ社のワクチンの効果に差はありますか

A.1・2回目の接種では、いずれのワクチンも2回目接種から約半年後も高い重症化予防効果(※)が維持されています。観察研究では、武田/モデルナ社のワクチンの方が、感染予防、発症予防、重症化予防(※)の効果が有意に高かったと報告されています。
(※)重症化予防には入院予防を含む

Q.武田/モデルナ社のワクチンは副反応が強いと聞いていますが大丈夫ですか

A.武田/モデルナ社のワクチンにおける3回目接種は、1・2回目接種で用いた量の半量となります。2回目接種後と比較して、発熱や疲労などの接種後の症状が少ないことが報告されています。
(注)接種後の症状のうちリンパ節症は、2回目よりも3回目の方が多く見られます。出典:特例承認に係る報告書より

詳しくはこちらをご覧ください。
追加(3回目)接種に使用するワクチンについてのお知らせ(厚生労働省チラシ)

2022年02月4日更新